理学療法士向けの講習会ってどんなもの?

subpage01

理学療法士というのは、主に介護現場で活躍することになる仕事です。


療法士の資格を取るためには、国家試験を受けてテストに合格しなくてはいけません。


しかし、資格を取っただけでは仕事をこなしていく際に不十分である場合があります。



そんな時に役立ってくれるのが、療法士向けの講習会です。理学療法士は、生まれつき障害のある人たちや、病気や怪我などで後遺症が残ってしまった人たちが、社会復帰するのを手助けする仕事になります。

現場では、介護福祉士の他医師や看護師などとも連携することがあります。

働ける場所は、病院やリハビリ施設、老人ホームなどで、利用者を在宅訪問しての仕事なども含まれます。



療法士向けの講習会では、学会や介護関係の会社などから派遣された講師が講義を行います。テーマは毎回様々で、スポーツを利用したリハビリテーション訓練の方法などを講義する場合もあります。


専門の講師による実技指導なども行われることができ、より実践的な経験を積むことが可能になっています。

理学療法士向けの講習会は、初心者から上級者に向けたものまで、様々なものがあります。


インターネットでは、様々な講習会の情報を集めて紹介しているサイトなどもあるので、一度覗いてみると参考になるでしょう。



理学療法士は、上級者となるまでに時間のかかる仕事です。


現場経験の浅い人であっても、講習を受けることで、より仕事場ではより現実的な対応が取れるようにもなります。